電報の使い方くらいは知っておこう

電報を送ったことがある人は約7割くらいといわれています。その中で毎年何かしら利用することがあるという人は1割くらいしかいないようです。使わない人の多くが送る機会がないという理由で、送り方を知らないという人は全体の4分の1を占めています。メールや手紙などで十分という人が増えているため、結婚式や葬儀以外で電報を使うことなどはほとんどないようです。

もともと電報は緊急の連絡手段として使われていました。通信技術が発展してくると電報の役割は無くなっていき、今では使う人も減少し続けています。インターネットや携帯サイトから簡単に申し込むことができるのですが、利用する機会がないと一生使わないまま人生を過ごしていく人も増えていくことでしょう。ただいざ友人の結婚式に出席できなくなったなどといったときにお祝いの言葉を送るのに電報ほど効果的な物はありませんので申込みの方法くらいは知っておいた方がいいかもしれません。

電報と言ったらNTTでしたが、電報を扱ったサービス業者もあるためどこにお願いすればいいのか迷うこともあると思います。基本的にNTTなら115に電話することでメッセージ、送る台紙、配達先などを伝えて早ければ当日に配達されます。あまり利用することのない人はNTTを利用するのが一番簡単で安心できると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>